So-net無料ブログ作成
検索選択

Vライン脱毛の回数や期間はどのくらい?

Vライン脱毛を脱毛サロンで行う時の回数や期間など、デリケートゾーンのお手入れについての情報です。口コミや体験談を元に、色々な情報を紹介していきたいと思います。

 

Vライン脱毛の効果

Vラインの脱毛に興味を持っている人は少しずつ増えてきているようですね。
そこでV(ビキニ)ラインを脱毛するとどんな効果があるのか、メリットをまとめてみました。

Vラインを脱毛すると

1.デリケートゾーンのトラブルや肌荒れの回避
2.オシャレの幅が広がる
3.自己処理が減る
4.黒ずみや色素沈着の悩みから解放される

といったメリットがあります。

Vラインはビキニ横の所だけではなくて、下腹部の逆三角形のアンダーヘア全てを指します。
そこを脱毛すれば、生理の時や気温が高くなった時の蒸れから来る不快感を回避することが出来ます。

水着下着も着用出来るバリエーションが増えますし、今までそれらを楽しむために自分で処理をしていたことからも解放されます。

また、自分で処理をする費用がなくなるので肌へのダメージが減り、黒ずみなどが増えることも無くなります。

勿論、デメリットもありますが、脱毛サロンでの施術中の恥ずかしさや痛みなどが挙げられます。
通い終えればそういったことも無くなりますのでメリットだけ残ることになります。

デリケートゾーンの脱毛なので恥ずかしさはあると思いますが、興味があるなら脱毛サロンの無料カウンセリングなどを受けてみてはどうでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vライン脱毛の範囲について

Vラインというと、どの辺りをイメージするでしょうか。

脱毛サロンでVラインと呼ばれるのは、下腹部のアンダーヘア(逆三角形全体)のことを全てそう呼びます。
言い方はVライン上下、サイドやトライアングル上下、サイドと言ったりもしますね。

ですので、ビキニラインを脱毛したいのであれば、サイドを行っていくことになりますし、Vライン上も行っておけば、水着になった時にムダ毛がはみ出ることはなくなります。

また、Vライン下は毛の形を好きな形にしていくことが出来ます。
なるべく自然な逆三角形や長方形にする人が多いのですが、中には星やハートの形にしたりする人もいますし、ハイジニーナ(無毛)にする人もいます。

Vライン脱毛もどの範囲を行っていくかはスタッフの方ときちんと打ち合わせをしておかないと、希望の状態になれないことが多いです。
それで失敗した、と感じる人も多いですから、恥ずかしがらずにしっかりと希望は伝えていくようにしましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vライン脱毛の準備

Vライン脱毛を行いたいと思っている女性も増えていますが、脱毛サロンで施術を受ける前には準備を行っておかないといけません。
事前の無料カウンセリングで必要な処理を教えてくれるとは思いますが、基本的な内容を先に確認しておきましょう。

①ムダ毛の処理
Vラインの脱毛に限らず、脱毛サロンで脱毛を受ける時には、事前に自分でシェービングをしないといけません。
脱毛サロンによっては、無料でシェービングのサービスがあったり、届かない所だけやってくれる所もありますが、基本的には自分でやっておく必要があります。
Vラインのようなデリケートゾーンのシェービングは肌を傷つけてしまわないように、電気シェーバーを使っておいた方がいいかと思います。

②体調管理、生理の確認
これは準備、というよりは日頃から注意することと、予約を取る時に注意した方がいい点ですね。
Vラインの脱毛は生理の時は受けることが出来ません。
体調不良の場合は、肌へのダメージが大きくなるので、サロンによっては断られる可能性もあります。
日頃から生活に注意して、予約時に施術を受けられるようにしていきましょう。

基本的にはどこの脱毛サロンでもこの2つは必須になります。
あとはカウンセリングの時に、脱毛サロン毎に違いがある場合は細かく説明してくれると思いますのでしっかり確認しておきましょう。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vライン脱毛とVラインの形

Vライン脱毛を脱毛サロンやクリニックで行うと、アンダーヘアを好きな形にすることが出来ます。

ハイジニーナという無毛にすることも出来るのですが、これを希望する人はまだ少ないようですね。
欧米では一般的だそうですが、「いかにも脱毛しました」という状態になるので、踏み切れない人は多いようです。

一番人気なのは「逆三角形」です。
ビキニや下着からはみ出さない程度のサイズの自然な逆三角形にしておく人が多いようです。
若干大きめに残しておいて、改めて自分の好きな形にしていくという人もいるそうですよ。

続いて人気なのは「I型」です。
横幅の違いはあるものの、縦に残しておく人もいるようです。

人によっては星型やハート型にする人もいるそうですが、これに関してはパートナーがいる人はきちんと相談しておいた方がいいですよ。
他のどの形でもそうなのですが、Vラインの失敗談の一つは「パートナーに引かれた」というものもあります。

Vライン脱毛は蒸れなどの不快感からも解放されるものですから、「失敗した」と思わないような脱毛が出来るようにしていきましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vライン脱毛は何回必要なのか

Vライン脱毛は何回通えば効果があるのかが分かっていると、脱毛サロンなどの料金の比較もしやすくなるのではないでしょうか。
月額制の所もありますが、回数制の所はおおよその目安が分かっていないと決めにくいですからね。

脱毛サロンでVライン脱毛をした場合

●最初に効果を感じる回数
6回目

●毛の量が減り始める
8回目

●自分での処理が不要になる
12回以上

これが、口コミなどで多いVライン脱毛の効果を実感する回数などの目安になります。
個人差もありますし、脱毛サロンではなくてクリニックで脱毛した場合は、この半分程度の回数で済むこともあるそうです。
料金の比較や、通う回数の目安にしてみてくださいね。

もし、どうしてもこの回数を通うのが難しいというのであれば、家庭用脱毛器を利用する、という方法もあります。
家庭用脱毛器なら、効果を実感するのは遅くなりますが、人の目を気にせず脱毛していくことが出来るのでおすすめですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vライン脱毛と痛み

他の場所は大丈夫でも、Vライン脱毛には痛みを感じる人も多いようです。
Vラインはデリケートな場所ですし、皮膚も薄いので痛みを感じやすいと言われています。
中には痛みを感じない人もいるそうですが、なるべく痛みを感じないようにしていきたいですよね。

なるべく痛みを感じにくくする方法がありますのでそれを紹介します。

生理前の施術は避ける
・体調不良の時は施術を受けない

生理の時や体調不良の時は肌が敏感になっているので、処理を避けるのが無難です。
なるべく体調が万全の時に予約を取って、施術を受けていくようにしましょう。

・普段から保湿を行っておく

乾燥した肌の方が痛みが出やすいと言われています。
これはVラインの脱毛に限った話ではないですが、普段からスキンケアをしっかり行って潤いを保っておくようにしましょう。

・いざとなったらクリニック

クリニックでの脱毛は通う回数が少ないですし、麻酔を使って痛みを弱くしていくことが出来ます。
元々の痛みは脱毛サロンの方が少ないのですが、麻酔で鈍くなれば施術も楽になりますので申し込んでみるのもいいと思いますよ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vラインに使える脱毛クリーム

脱毛クリームと呼ばれる商品は沢山ありますが、その際は、VIOに使用しても問題ない商品かきちんと確認して購入しましょう。

その他だと
・肌に優しい保湿成分を含んでいるか
・医薬部外品
といった点を気にしてみるといいそうです。

また、粘膜部分に流れ込んだりしないように、硬めのものを選ぶのもいいそうです。
エピサラやパイナップル豆乳除毛クリームは名前を聞いたことがあるかもしれないですね。

ただ、脱毛クリームといっても、大半は除毛クリームだったり、抑毛クリームであることが大半です。
怪我生えてこないようにする、という脱毛処理ではないので、その場の一時的な処理と考えるのがいいかと思いますよ。

それでもサロンクリニックでの施術が恥ずかしい人や、急に海やプールに行くことになった人に脱毛クリームはおすすめです。
肌が弱い人はクリームで肌が荒れてしまうこともありますので、注意していきましょう。

もしくは、家庭用脱毛器を利用してみるのもいいですね。
楽天の脱毛器売り場の中で人気が高いのはケノンという商品ですが、自宅で利用出来るように脱毛サロンの光脱毛の出力を弱めたものになります。
光脱毛なので永久脱毛は出来ませんが、脱毛サロンに通わないでも脱毛サロンのような効果が期待出来ますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vライン脱毛が完了する回数は?

Vライン脱毛が完了する回数は何回目だと思いますか?

完了するまでには数回通う必要はありますが、Vラインは脱毛サロンの脱毛効果を実感しやすい場所だと言われています。
さすがに1回目からすぐに効果を実感するのは難しいかもしれませんが、濃くて太い毛は脱毛サロンの光やクリニックのレーザーが反応しやすいので、効果が出やすいのだそうです。
施術から2週間程度すると、毛がパラパラ抜けたりするそうですからね。

周毛期の2~3ヶ月でまた元の状態に戻ってはしまうそうですが、6回目辺りから毛質が変わってくるそうです。

そして、脱毛サロンでのVライン脱毛完了の目安は12回目以上、と言われています。
ここまで来ると、ほぼ自己処理が必要なくなってきて、うぶ毛に近い状態になるそうです。

ツルツルにしたいなら、更に重ねて施術を受けていくといいそうですよ。

クリニックだと、更に回数が減って1回目から効果を感じる人が多いようです。
ツルツルにしたいなら、5~9回目が目安だと言われています。
早く効果を実感したいなら、クリニックでレーザー脱毛を受けてみるのもいいのではないでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

脱毛サロンでのVライン脱毛方法について

脱毛サロン、クリニックでVライン脱毛を行う際、基本的に体勢は仰向けに寝そべり、足をまっすぐ閉じたまま施術していく所がほとんどです。
格好は、専用の下着(紙パンツ)が用意されていて、それを穿いて施術していく形になります。
照射時はその専用下着をずらしながら脱毛していくのですが、中にはタオルを巻いてずらしながら施術していく所もあるようですね。

また、サロンやクリニックによっては、ノーパンで施術する所があったり、自前のTバックを持参してくるように言われたりもするのでカウンセリング時に確認していくようにしましょう。

Vラインの脱毛をサロンなどで行うのは恥ずかしいと思う人も多いようですが、大半の人が1回受けてしまうと慣れることが多いようです。
体勢などが恥ずかしい場合は、スタッフの方に相談してみるのもいいと思いますよ。
施術時間もそれほど長くない所がほとんどです。

恥ずかしい思いをするのは否定出来ませんが、脱毛が完了すれば、その後はお手入れが不要になりますし、蒸れなどの不快な思いもしないで済むので前向きに考えてみてもいいのではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

自宅でVライン脱毛をするならおすすめの方法は?

Vラインの脱毛をしたいけど、サロンクリニックで人に見られるのはどうしても抵抗がある…という人は家庭用脱毛器を利用するのがいいですね。
カミソリなどで処理をしていくのも悪くはないのですが、肌へのダメージも大きいですし、Vラインはまだいいですが、性器横のIラインなどは難しいですからね。

今は家庭用脱毛器の性能も上がってきていて、利用者も徐々に増えてきています。
脱毛サロンよりも時間はかかってはしまいますが、効果を実感している人も少なくないですよ。

家庭用脱毛器でおすすめなのは『ケノン』です。

脱毛と美顔が両方できる!読モ絶賛☆「ケノン」


おすすめと言っておきながら、I・Oゾーンは推奨されていないのですが、光の照射面積が広いので短い時間で処理を終えることが出来ます。
全身の脱毛にも使えるので(I・Oゾーンと目の周りは控える)一台持っているとムダ毛処理がとても楽になりますよ。

もちろん、他にも色々な家庭用脱毛器がありますが、安い類似品を利用するよりは高くても本家を利用した方が効果は期待出来ます。
その際は『アンダーヘアに利用出来るのか』をしっかり確認した上で、どれを購入するか決めていきましょう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。